G-9/今日より明日成長した自分へ

自己成長(Grow)と真理の探求(9)ブログ

レゴから学ぶ守破離

2017年12月10日
702 views
約 2 分

久々にレゴを触った。
最初は何をどう組み上げていけば分からなかった。
モデルケースとなる建造物の組み立て手順とかも無く、ただイメージ写真だけが同封されていたからだ。

でも、意外とすぐに組み立てることが出来てきました。
それはなぜかというと、

「守破離」

の概念を思い出したからです。

守破離とは…
剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。
コトバンクより

■守
まずは同封されている見本の絵を見て、それの通り作ってみる。
表面的なので、見えていない裏側の部分などは想像で組み立てていきます。

レゴのパーツを手に取って組み立てていくと、
ものの1分くらいですぐに組み立てられるのがレゴの醍醐味ですね。

全パーツ使って3つくらいの建造物が作れました。

うん、楽しい。

何を組み立てていいか分からない時は、見本の絵に従って組み立てていくと、自然とたくさんの形のものを組み立てることができますね。

想像力が豊かな人だったら、自分で一から組み立ていくんだろうけど、私のセンスではあまり期待できないので、見本+αで足し算引き算していった方が良いものが組み立てられそうです。

■破
一方、息子は破壊に夢中である。
別の意味の「破」である。

振り回すから写真がブレる。

これが現実か…。

■離
そして息子はその場から離れて行ってしまった。
本当の意味で「離」である。

息子が自分でレゴを組み立てるようになるのはまだ先かな?

ちなみに、うちにあるレゴはこれです↓
入門セットとして、プレゼントにも良さそうです♪

この記事を書いた人

上場企業役員/個人事業主/絶賛育メン中の32歳。東京生まれ東京在住。
不登校経験、コミュ障のネトゲ廃人から、コミュニケーションやビジネススキルを学んで無事社会復帰。現在は、上場企業で役員を務めながら、日々急成長し続ける息子に負けじと、成長し続ける父親の背中を見せられるよう奮闘中。
趣味は、旅行、読書、ダイビング、ゴルフ、ゲームです。
モットーは「人生楽しんだもん勝ち!」
※ペンネームの「幻」は、ネトゲ廃人時代のハンドルネームです。

プロフィール詳細はこちら
Follow :

Facebookアカウントでコメントする