G-9/今日より明日成長した自分へ

自己成長(Grow)と真理の探求(9)ブログ

「結婚の決め手は?」と聞かれたら「3つの袋」ですよと答えてる

1337 views
約 4 分

昨年結婚してからというもの、

「結婚の決め手は?」

と聞かれることが何回かあったので、

「結婚の決め手は、3つの袋を満たしたから」

と答えるようにしてます。

3つの袋って何なのか?詳しく説明します。

話してみると、意外と納得してくれる人が多いです。

結婚の決め手は、3つの袋を満たしていたこと!

結論から言うと、3つの袋とは、この3つです。

・胃袋
・玉袋
・寝袋

胃袋とは、食欲
玉袋とは、性欲
そして、寝袋とは、睡眠欲
のことで、三大欲求を指します。

では、なぜ3つの袋を満たすといいのか?
もうちょっと深掘りして説明していきます。

3つの袋を満たす=三大欲求を満たす

三大欲求というのは、マズローの欲求5段階説で言うと
一番下の階層である「生理的欲求」を満たすことだと考えています。

マズローの欲求5段階説

生理的欲求とは、
生命を維持するための本能的な欲求で、食事・睡眠・排泄など。極端なまでに生活のあらゆるものを失った人間は、生理的欲求が他のどの欲求よりも最も主要な動機付けとなる。一般的な動物がこのレベルを超えることはほとんどない。しかし、人間にとってこの欲求しか見られないほどの状況は一般的ではないため、通常の健康な人間は即座に次のレベルである安全の欲求が出現する。
wikipediaより

人間が幸せを感じる最低限の条件がこの3つだと考えています。
食欲、性欲、睡眠欲。
この3つを満たすことができれば、人間は幸せを感じられると思います。

では、これらを満たすにはどうしたらいいか?
解説していきます。

胃袋を掴む

「胃袋を掴め!」なんて言葉は聞いたことがありますよね?
食欲を満たすことで胃袋を掴む。
これは非常に有効な手で、人間は美味しい食べ物があるところに集まりますよね?
美味しい食事が家にあったら、早く家に帰りたくなります。

また大事な要素として、食事の好みが一致していることも大事です。
毎日食事を共にする間柄になるのですから、食事の好みは一致していた方が喧嘩も起きることもありませんし、お互いにハッピーです。

手料理を振る舞う以外にも、デートでの外食、レストラン等での食事などで食の好みを確認していきましょう。

玉袋を掴む

これは言わずもがな、身体の相性になります。
肌の触れ合いによる気持ち良さはとても大切です。
この相性が良くないと、浮気の原因ともなります。

パートナーとの気持ち良さ<浮気相手との気持ち良さ

となってしまった場合には、浮気する可能性が高まります。

パートナーとの気持ち良さ>浮気相手との気持ち良さ

となっている場合には、浮気する方がリスクを伴うので、わざわざ不利益を被るようなことはしないでしょう。
お互いの幸せを目指す上でも、身体の相性が合わないようであれば、合う相手を求めるのも良いかもしれません。
どちらかが我慢している場合には、その結果浮気してしまう可能性もあるからです。
我慢はしない方がベストパートナーを見つけられるでしょう。

快適な寝袋を提供する

胃袋、玉袋は思った通りの答えだとよく言われますが、
最後の寝袋は初めて聞いた方にはポカンとされます。

寝袋とは、睡眠欲。もっと言えば、お互いにリラックスした時間を過ごせるかどうかが重要なポイントです。

長い時間を一緒に過ごしていくパートナーですから、心休まる時間を過ごせない相手であれば、ひとたまりもないです汗

お互いの時間を尊重し、互いにリラックスできる関係性を作れているかが大事だと思います。

いかがでしたか?

生涯を添い遂げるパートナーですので、この三大欲求を満たす3つの袋の一致は必要不可欠です。

好きな性格か、年収がいくらか、容姿の好み、趣味・嗜好などの条件を挙げればキリが無いですが、それは後から変化するものもあれば、努力や許容でどうにかなるものもあるかと思います。

しかし、人間として共通する三大欲求は不変的な価値観ですので、結婚を決める上では大事にするべきではないでしょうか?

結婚に悩んでいる方の参考になれば幸いです。
最良なパートナーとの出会いがありますように・・・。

この記事を書いた人

上場企業役員/個人事業主/絶賛育メン中の32歳。東京生まれ東京在住。
不登校経験、コミュ障のネトゲ廃人から、コミュニケーションやビジネススキルを学んで無事社会復帰。現在は、上場企業で役員を務めながら、日々急成長し続ける息子に負けじと、成長し続ける父親の背中を見せられるよう奮闘中。
趣味は、旅行、読書、ダイビング、ゴルフ、ゲームです。
モットーは「人生楽しんだもん勝ち!」
※ペンネームの「幻」は、ネトゲ廃人時代のハンドルネームです。

プロフィール詳細はこちら
Follow :

Facebookアカウントでコメントする